からだの中から綺麗になる!
アンチエイジングスタジオ

1.17 と エコノミークラス症候群

23年前の1月17日の今日、

 

阪神淡路大震災がありました。

 

その日の朝、テレビのニュース映像を見て、

 

まるで映画のワンシーンを見ているかのような衝撃を

 

受けたのを今でも鮮明に覚えています。

写真提供:神戸市

大規模災害が起こった後にいつも問題になるのが、

 

避難所や車中での生活を続けることで、足に血栓ができたり

 

筋力が低下して健康を害することです。

 

このように活動性が低下したことによる心身に生じた

 

様々な状態を「廃用性症候群」といいます。

 

廃用性症候群の症状として

 

・筋肉や骨の萎縮、関節の拘縮

・深部静脈血栓症、肺塞栓症(エコノミークラス症候群

・起立性低血圧

・肺炎

・褥瘡(床ずれ)

・尿路結石

・精神障害(うつ状態など)

・便秘

 

などなど様々な症状があります。

 

その中でも、体を動かさないことで足の静脈に血栓ができ、

 

動いた時に肺や心臓へと飛んで血管を塞いでしまう肺塞栓症

 

は命に関わるので特に注意が必要です!

 

長時間のフライトにより起こることも多いため、

 

エコノミークラス症候群ともいわれます。

大規模災害時に車中泊をされて、エコノミークラス症候群により

 

亡くなられる方もいらっしゃいます。

 

このようなケースを「防ぎえた災害死」といわれます。

写真提供:神戸市

 

エコノミークラス症候群は予防することができます!

 

・長時間同じ姿勢でいないようにする

・足の運動

  足や足の指をこまめに動かす

  かかとの上下運動をする(1時間に1回 20~30回)

  歩く

・適度な水分補給

・時々深呼吸

 

なる前に「予防」が大事です!

 

今日、この日に、

 

あらためて防災に対して考えてみませんか?