からだの中から綺麗になる!
アンチエイジングスタジオ

柔道整復師

柔道整復師とは

 

柔道整復師と聞いて皆さんはどうイメージされますか?

 

整体師ならよく耳にするけど・・・

 

柔道???

 

よくわからないですよね?!

 

接骨院の先生と言われれば何となくわかりますか?

 

柔道整復師とは、昔から「ほねつぎ」として知られ、

 

現在は、高校卒業後、厚生労働省認可の専門学校(3年以上修学)か、

 

文部科学省の指定した4年生大学で、解剖学・生理学・運動学・病理学概論、

 

衛生学・公衆衛生学・一般臨床医学・外科学概論・整形外科学、

 

リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規の

 

臨床系専門科目を履修し、卒業が受験資格となります。

 

国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師(国家資格)

 

となります。

 

 

独立行政法人 労働政策研究・研究機構(JILPT)の

主任研究員の西澤 弘先生の研究成果によると、

 

①師又は士の付く職業は,法律で業務や試験内容等が

 規定された国家資格の職業である。

 

②師の付く職業は技術を有する専門家であること

 を表しており,接尾辞としての師は奈良・平安時代から

 使用されてきた歴史的な職業名表記である。

 現在では,保健医療の分野における技術的な職業であること、

 かつ第二次大戦前に既に職業として成立している

 (又は認知されている)ことの 2 点が師の付く職業

 の共通項になっている。

 

『職業相関表−2万人のデータからみた職業の類似性−』

(JILPT資料シリーズNo.130,2014年)

 

 

と記されています。

 

医師、教師などと並び、柔道整復師も時に「先生」と

 

呼ばれることもあります。

 

それだけに責任も重大です。

 

行いはもちろん、発言にも責任が生じてきます。

 

 

それを肝に銘じ、お客様に正しい情報をお伝えし、

 

責任感を持って接客することを

 

現在はトレーナーとして日々心がけています。