からだの中から綺麗になる!
アンチエイジングスタジオ

坐骨神経痛

 

坐骨神経は身体の中の最も太い神経で、腰からお尻、

 

太ももの後ろを通り足先までつながっています。

 

この神経の通り道に痛みがでるのを「坐骨神経痛」

 

と呼びます。

 

「坐骨神経痛」とは病気の名前ではなく、痛くなる

 

という症状を言います。

では原因は?というとさまざまです。

 

多いのは「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」

 

梨状筋というお尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫される

 

「梨状筋症候群」などです。

 

その他にもさまざまで、原因がわからないのもあります。

 

原因がわからない坐骨神経痛が一番多いそうです。

 

この場合ご自身でのケアとしては

 

・背骨のまわり即ち体幹の筋肉を鍛える

・お尻や腰回り、太ももの裏などの筋肉のストレッチ

運動不足や身体の偏りで、筋肉が弱ったり、硬くなったり、

 

また体幹が弱くなり姿勢が悪くなることによって、

 

からだの様々な部分にストレスがかかり、

 

その状態が長く続くことによって痛みが生じる

 

と思われます。

 

運動習慣を身につけ、体幹を強化し、

 

姿勢を改善することが予防や再発を防ぐことになります。

 

やはり予防が大事です!

 

今から自分の身体を見直してみましょう!

 

症状が長く続くような場合は医療機関への受診をおすすめします。