からだの中から綺麗になる!
アンチエイジングスタジオ

認知症と運動

今日はお休みをいただいて、

 

抗加齢医学会の講習会に出席してきました。

 

5講義のうちの一つ「認知症予防」について書きたいと思います。

 

順天堂大学大学院認知症診断・予防・治療学講座(客員教授)で、

 

日本認知症学会専門医である田平 武先生の講義をまとめてみました。

 

 

そもそも認知症とは?

 

「一旦獲得した知的機能が脳の障害によって持続的に低下し、

 その為に家庭生活や社会生活に支障をきたすようになった状態」

をいうそうです。

よく認知症とアルツハイマー病を一緒と思いがちですが、

 

認知症は症状あるいは症候群であり病名ではありません。

 

認知症を起こす原因(病気)は多数あり、アルツハイマー病は

 

その一つです。

 

また、アルツハイマー病とアルツハイマー型認知症は同じもので、

 

アルツハイマー病は最も多く、認知症の60~70%を占めます。

 

 

ではアルツハイマー病はどうしてなるのかという原因は?

 

それはまだはっきりしていません。

 

アルツハイマー病が促進する原因として次のようなものがあります。

 

・高齢

・女性

・遺伝

・頭部外傷

・脳虚血、脳血管障害、糖尿病

・無趣味、無関心、ゴロゴロ

・過度なストレス

・高カロリー、高脂肪食=肥満

・喫煙、過度の飲酒

 

などです。

ほぼ生活習慣が影響を与えています。

 

高齢になってから発病することが多いことから

 

老化が最大の危険因子と言われています。

 

ただ脳の病変は発病の20年前から始まっているそうで、

 

40~50歳からの予防が大事だそうです。

 

 

アルツハイマー病の抑制因子は

 

・運動習慣

・積極的社会参加

・30分以下の昼寝(1時間以上は逆効果)

・抗コレステロール薬

・ビタミンB、C

・魚、緑黄色野菜、地中海食

 

 

 

促進因子、抑制因子を見ると

 

認知症を予防するには生活習慣が鍵となるようです。

 

肥満、高コレステロール血症、糖尿病などの生活習慣病の

 

予防が認知症の予防と言えそうです。

 

 

生活習慣病の予防には『運動と食事』が大切です!

 

今はまだ認知症を初期に発見するのは難しいそうです。

 

だからこそ若いうちからの予防が大事です!

 

生活習慣を今一度見直してみて、

 

今できることから始めてみましょう!

 

筑波大学 医学医療系 医療科学 正田純一教授らによる研究論文により

 

「パワープレート」を用いた3次元加速度トレーニングで脂肪肝の減少を実証されています!