からだの中から綺麗になる!
アンチエイジングスタジオ

内臓脂肪と皮下脂肪

毎年この時期になると雑誌ターザンで組まれる特集が「脂肪」

 

季節がら皆さんの気になるキーワードが「太る」ことなのでしょう。

いわゆる「肥満」には2つの種類があります。

 

内臓脂肪型肥満」と「皮下脂肪型肥満

 

それぞれ「リンゴ型肥満」と「洋ナシ型肥満」とも呼ばれています。

 

内臓脂肪(リンゴ)型肥満の特徴≫

 

・お腹がポッコリ出ている

・腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上

・男性に多い

・運動で落ちやすい

・健康リスクが高い

 

※女性は45~55歳の間に閉経すると女性ホルモンの分泌がガクンと減り、

皮下脂肪型から内臓脂肪型へスイッチしやすくなるので要注意!

 

 

皮下脂肪(洋ナシ)型肥満の特徴≫

 

・お尻、腰、大腿が太い

・腹囲が男性85cm未満、女性90cm未満

・女性に多い

・落ちにくい

・健康のリスクが低い

 

※皮下脂肪は外部からの刺激を緩和する緩衝材の役割や、

体内の温度が下がらないように働いてくれ、子宮を守るために

皮下脂肪がつきやすいと考えられている。

 

よく内臓脂肪は普通預金皮下脂肪は定期預金にたとえられます。

 

内臓脂肪は簡単に増えることができるし、分解してすばやくエネルギーとして

 

使うことができる。

 

すぐに溜まって、すぐに使える。=普通預金

 

一方、皮下脂肪はゆっくりと増える代わりに、なかなか分解して使うことができない。

 

ゆっくりと溜まって、すぐに使えない。=定期預金

 

 

なので皮下脂肪を落とすには、「焦らず」「長い目」「徐々に」がポイントです。

 

 

では脂肪は落とせば落とすほどいいのか?

 

脂肪は人体にとってさまざまな役割があり、細胞の材料となり、

 

血液やホルモンの原料ともなります。

 

体脂肪が不足すると、女性ならホルモン分泌が異常になり、

 

生理が止まってしまうとか、男女ともに免疫力が落ちて疾患に

 

罹りやすくなるなどからだに不具合が起こってきます。

 

 

人間のからだには脂肪が不可欠なんです!

 

 

健康的にカッコよく痩せるには?

 

【目標体脂肪率】

 男性 20%

 女性 25%

 

女性は22%を切ると月経周期が乱れるので、それ以下にならないよう注意が必要です

 

正しい食事と運動を合わせて、見た目スッキリ、健康で活動的な毎日を手に入れましょう!

 

24Hいつでもこちらから予約できます